My Life 東京とアクセサリー…。

先日のことですが東京に出張で2泊3日で行ってきました。

台風直後の慌ただしい中でしたが、取引先の展示会やオリジナルウェアで使用する生地のメーカー、その他諸々を回りました。
都会のショップさんが選ぶ"目"とは違う視点で、私達の風土に合ったものを選ぶのが仕事です。

移動する時間を利用して新しいショップや、気になる店を見て回ります。実はこれ非常に重要なお仕事の1つ。
今回は去年から気になっていたアクセサリーショップに行ってみました。

その話をする前に「アクセサリー」についてちょっとだけ触れておきたい。
「装身具」という言葉の意味からは大きく別けると2つあります。
宝石・貴金属を用いて作られたものを"ファイン・ジュエリー"と言います。それ以外の貴石やその他の素材を使った安価のものを"コスチューム・ジュエリー"と言います。
ですが…私達が実際にアクセサリーを買いに行くのに「今日はファイン・ジュエリーを買いに行こう!」なんて言いませんよね?
私の中ではアクセサリーの分類は「デイリー」、「ナイト」、「スペシャル」という風に分けています。
普段使いのものと、夜のお出掛け用と、スペシャルでは恋人とのデートや(遠い目…)コンサートなどの特別な日用。


写真はスペシャル仕様の
K18Gルビーのネックレスとピアス。(FIL店オリジナルアクセサリー)


普段使いしやすいと言えばココナッツのブレスレット♪
うちの店では定番的存在のアクセサリーです。

この分類は人それぞれ違うと思います。
ユーザーの趣向やライフスタイルによって変わってきますから。

話を戻しますが東京の気になっていたアクセサリーショップ。
昨年、原宿に日本1号店をオープンしたアメリカのアクセサリーショップ「BROOKLYN CHARM」ブルックリン・チャーム。
約2000種類ほどのチャームや様々なチェーンやストーン、ヴィンテージパーツ、輸入パーツを使って自分だけのアクセサリーを作れる!という…。店内で手軽にオリジナルアクセサリーを作れスタイルのお店です。
今までもその様な形態のお店はあったにはあったのですが、ここまでチェーン店を広げて大きくやってる店はありませんでした。
さすが、ニューヨーク発のブランドさんだけあって"メタルパーツ"の多さに圧倒されました。


小さなメタルパーツはヴィンテージパーツも含めどれもセンスあるキュートなものが沢山ありました。これは私が購入したパーツです。
真鍮のドックタグは2階のワークスペースにて自分で刻印が打てるというので試しにやってみました。


普段、私は彫金や刻印を打ったりはしません。
アクセサリー作りはビーズワークなどが主な仕事です。
それとお洋服のデザインです。
刻印打ちはビックリ(@_@)の下手さかげんでした。笑


そして…。とんでもなく派手なブレスレットが出来上がり、、の予定です。( ̄▽ ̄;)
まず、うちの店では発売されないであろうブレスレットでした。(笑)

アクセサリーの世界は本当に広いです。
それぞれの土地柄や価値観によっても着けたいアクセサリーは変わってきます。そして今時のアクセサリーユーザーは賢い買い方をしています。
必要なものを必要な分だけ。
バブル時代の様な買い物の仕方はしません。
自分のためだけの「エゴ」から、本当に必要なものだけを買う「エコ」の時代へ。地球にも優しい買い物の仕方だね。
私達の店もお客様のオーダーがとても多いのはそんな訳もあるのでしょう。
ユーザーのニーズに合わせる…。いい店とはそういう店なのかもしれませんね。

で、、このド派手なブレスレットの分類は??
どこに着けて行こうかな…。( ̄0 ̄;) 


0コメント

  • 1000 / 1000